みんなで育て、みんなで育つ

もちつきの会(12月1日)

12月1日 木曜日。「もちつきの会」がありました。おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、そして役員さんに協力していただき、貴重な体験ができました。石臼や杵はどの子にとっても見慣れない物です。一人一人が杵を持って餅つきに挑戦しました!年中さんからは、餅をつく度に「よいしょ!」という大きな掛け声が聞こえてきました。

初めての餅つきを楽しんだ年少さんも、保育室に戻って、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にお餅をいただきます。「みんなで食べるとおいしいね。」「もっと食べたい。」と言いながら、喜んで食べていました。お腹いっぱいになりましたね。

年長さんは、餅つきをした後の遊戯室を掃除したり、お持ち帰り用の餅を園のみんなに配ったりしました。さらに、附属小学校、中学校、特別支援学校にも、日頃の感謝を込めて、お餅のプレゼントを届けました。みんなに喜んでもらって満足そうな笑顔が見られました。

関連記事