みんなで育て、みんなで育つ

学芸会(11月8日)

10月の終わり頃から始まった、学芸会ごっこ。それぞれの年齢に応じて、どんなことをしたいか話し合い、歌ったり、楽器を演奏したり、踊ったり、劇をしたりして、みんなで「表現する楽しさ」を膨らませていきました。
年少さんにとって初めての学芸会。この日は、おうちの人に見てもらうということで、いつもよりさらに気合いの入ったステージとなりました!堂々とした初舞台!歌も踊りもとってもかわいらしかったです。

年中さんの劇と踊りでは、やりたい方を自分が選びました。素敵なダンサー、劇に登場するかわいい役に大変身!みんな生き生きとした表情で、表現することを楽しんでいました。

年長さんは、学年全員で、合奏や歌、そして劇「おむすびころりん」をしました。この日までに、劇の衣装や小道具はもちろん、台詞や動きをみんなで考えたり、思いやアドバイスを伝え合ったりして、自分たちで学芸会ごっこを作りあげました。生き生きと演じる姿は、輝いていました。そして、学芸会の最後は、年長さんの歌。真剣なまなざしで歌う姿に保護者の方の目には涙が光っていました。

関連記事