みんなで育て、みんなで育つ

学芸会当日です《前半》

10月7日 水曜日。今日は、待ちに待った学芸会です。子どもたちは、この日を楽しみにしていました。

太陽もぽかぽかと附属幼稚園を包んでくれています。朝早くからたくさんのお家の人が学芸会を見に来てくださいました。

プログラム1番、年長さんによる合奏「こぎつね」「附属幼稚園の歌」の2曲です。「こぎつね」では、秋と冬をイメージして演奏しました。

「附属幼稚園の歌」・・いつも歌ってきた歌ですが、今日は合奏です。

附属幼稚園のリーダーである年長さんらしく、みんなで心を合わせて演奏することができました。

 

プログラム2番は年中、赤組さんの「レイダースマーチ」、3番は年中、黄組さん「せかいじゅうのこどもたちが」と合奏が続きました。

去年の年少さんのときは歌と踊りでしたが、今年は年中さんになりました。合奏も披露できるようになりました。

一年間ですっかり大きく成長しましたね。

 

 

プログラム4番は年少さんの踊り「おでかけヒーローズ」。年少さんにとっては初めての学芸会です。

お家の人がどこにいるのかを探して、夢中で手を振る子、何度もお家の人の姿を確かめる子。

表現することが嬉しい!そしてお家の人に見てもらいたくてたまらない!そんな気持ちが伝わってきます。

踊り終わった後はお家の人の拍手に、満面の笑顔を見せてステージを降ります。

 

 

 

プログラム5番は年長さんの劇①「十二支のはじまり その1」。

年長さんは衣装も自分たちの手作りです。みんなで相談しながら作りました。しっぽや牙、耳や持ち物、帽子など、登場人物に合わせて細部にまでこだわって衣装を作っています。

衣装を作りながら想像をふくらませ、だんだんと登場人物になりきっていく様子が伝わってきます。

動物たちが少しでも早く到着しようと、出発を早くしたり、体を鍛えたり・・・。それぞれに十二支に選ばれるために知恵をしぼって、一生懸命、神様のもとへと向かいます。さてさて、1番に到着する動物は誰になるのでしょう。続きは後半へ・・。

 

 

 

 

 

 

関連記事