みんなで育て、みんなで育つ

「とびっきり☆わくわくパーク」

平成30年12月11日 火曜日。今日は、赤組さんと附属特別支援学校との交流会「とびっきり☆わくわくパーク」がありました。

特別支援学校の中学部さんが、楽しいわくわくパークを作って、待っていてくださいます。

いざ、特別支援学校へ出発!天気は雨。傘をさして、元気よく歩いて行きます。

附属特別支援学校は本園と同じ敷地内にあるため、年長さんが花の苗を買いに行ったり、「おまつりごっこ」で全園児と小学部さんで共に活動したり、おみこしをかついで訪問したりと、日頃から様々な交流を重ねています。

体育館に入ると、中学部さんの笑顔と楽しいコーナーがみんなを待っていてくれました。ボールを入れたり、的に当てたりとそれぞれのコーナーでいろんな遊びをすることができました。素敵なカードを渡してもらって、各コーナーでは、遊んだ印としてシールをいただくのも楽しみの一つです。

 

 

優しいお兄さん、お姉さんに囲まれて、お手製の楽しいコーナーで思う存分遊ぶことができました。「すっごく楽しかったよ」「猫のところで、シールをもらったよ」「玉をこうやって投げるとうまく入るんだよ」「カードは水筒みたいに横にかけることができて、かっこいいんだよ」「ぼくたちも作ってみたいな」園に戻ってくると、口々に楽しかった交流の話をしてくれました。自分たちの遊びへの刺激にもなったようです。

中学部のお兄さん、お姉さん、とびっきりわくわくする、楽しい時間☆を本当にありがとうございました。

関連記事