みんなで育て、みんなで育つ

ただ今橋の建設中(年長さん)

2月8日(金)2月の風をものともせず、砂場で元気いっぱい作業をしている年長さんの姿が見えました。

「何をしているの?」と問い掛けると、「橋を作っているんだよ!」と力強い答が返ってきました。

砂場にホースで水を引き入れて、海に見立て、島と島とをつなぐかのように橋を架けています。

「なかなか難しいんよ。」「水の調整が大事なんだ。」「砂山を掘って、もう少し水をためよう。」

掘る子、水を入れる子、角度を確かめる子、砂を運ぶ子、全体の様子を見て説明をする子・・・・・、それぞれが役割を分担し、協力し合って一つのものを作り上げていきます。

さしずめ、「橋の建設プロジェクトチーム」のようです。島と島に架けた橋をそーっと渡ってみます。「やったあ、行けたぞ。」

年長さんの協同性の育ちを感じる一コマでした。

 

 

 

 

関連記事