みんなで育て、みんなで育つ

第一回避難訓練

5月14日(火)

今日は、今年度に入って初めての避難訓練を行いました。

地震が来たという設定で、命を守るにはどうすればいいか考え、行動に移していきます。

各学級で、発達に合わせた指導を行いました。

 

年少さんにとっては、幼稚園に入って初めての避難訓練です。

先生の話にしっかりと耳を傾けて、ダンゴムシのポーズをとって、身を低くし頭を守ることを知り、みんなでやってみます。

 

避難の時の合い言葉「お・か・し・も・ち」も確認しました。

どの学級の子どもたちも、一つ一つの動作の意味をしっかりと理解し、落ち着いて避難することができました。

全体の場では、みんなで振り返りをします。

「どうして押してはいけないのかな?」という問い掛けにも「押すと、こけて危ないよ」「こけたらけがをするよ」「けがをしたら自分もみんなも困るよ」・・・自分の言葉で説明をする子どもたち。

かけがえのない大切な命。これからも日頃から訓練を重ね、命を守り合っていきたいと思っています。

関連記事