みんなで育て、みんなで育つ

3月16日(火)

いよいよ令和2年度 卒園式の日、当日となりました。

お家の人の左胸には、子どもたちが心を込めて作ったコサージュが付けられています。

子どもたちの思いのこもった素敵なコサージュです。

子どもたちも、担任の先生から一人ずつコサージュを付けてもらいました。

「どきどきする」「たのしみだな」そんな声が聞こえる朝の保育室です。

いよいよ卒園式が始まりました。

まず、園長先生から「修了証書」をいただきます。

堂々とした顔つきで、大きな「はい」の返事を遊戯室中に響かせる姿は、さすが年長さん。

修了証書をしっかりと手にした子どもたち。

そして、48人がそろって、ステージに並びます。

真剣なまなざしで園長先生のお話を聞いていました。

式に参加することのできなかった年中さんからも、素敵な歌のプレゼントがありました。

「ねんちょうさん ありがとう♪」

感謝の思いを歌に乗せて一生懸命歌っていることが、録音からも伝わってきます。

卒園児たちは、年中さんの顔を思い浮かべながら聞きました。

最後に、卒園児からの「おれいのことば」です。

幼稚園での3年間のたくさんの思い出。

年長さんが始まった4月からも、たのしかったこと、うれしかったことがいっぱいの1年間でしたね。

言葉の中には、お家の人への「ありがとう」の思いもたくさんつまっていました。

毎日送り迎えをしてくれたこと、おいしいお弁当を作ってくれたこと・・・。

お家の人の顔をしっかりと見ながら、ありがとうの思いを伝えることができました。

 

4月から、子どもたちはいよいよ小学生です。

附属幼稚園での思い出を胸に、がんばってくださいね。心から応援しています。

関連記事