みんなで育て、みんなで育つ

3月6日(水)

年少児・年中児から年長児たちに「ありがとう」の気持ちを贈るさようならの会をしました。

まず、年長児たちが入場してきました。改めて見ると、4月と比べてずいぶんお兄さんお姉さんになったなと実感しました。

次に年少児たちの出し物です。

「やんちゃかいじゅうどっかーん」「えがおのまほう」をかわいい笑顔で踊りました。

また、年長児一人一人の顔を描いたプレゼントを渡しました。たくさんのかわいい絵に年長児たちも喜んでいました。

続いて、年中児たちが出し物をしました。

「ツバメ」のダンスを踊ったり、「ねんちょうさんありがとう」の歌を歌ったりしました。

「これからは僕たち、私たちが年長さんになって幼稚園を引っ張っていくからね。」という気持ちを込めました。

プレゼントは一人一人に花束を用意。「ありがとう」「おめでとう」「だいすき♡」とそれぞれの思いを花束に込めました。

最後は、年長児たちが、幼稚園で一番楽しかったことの発表やお礼に歌のプレゼントをしました。

年長児の退場は、年中児たちが作った「おめでとうの道」を通りました。幼稚園で会えなくなるのはとても寂しいけど、附属幼稚園のことは任せてね!と握手やハイタッチをしました。

関連記事