みんなで育て、みんなで育つ

附属高校との交流(年中さん)

9月16日(水)

附属高校の「生活総合A」を選択している2年生の生徒さんたちが、年中さんのところにやってきてくれました。

今か、今かとお兄さん、お姉さんの到着を待ちわびていた年中さん。

青空のもと、颯爽とやってきてくれた高校生のみなさん。

早速、赤組、黄組に分かれて楽しみます。

最初に附属高校のお兄さん、お姉さんが、手作り紙芝居で附属高校を紹介してくれました。

次に、お兄さん、お姉さんがいろいろな遊びの提案をしてくれました。密にならないで、しかもみんなが楽しめる遊びを一生懸命考えてきてくれていました。

椅子を丸くして魚を泳がせて、魚釣りゲームの始まりです。タコやヒトデ、カメ、かっこいい魚・・・魅力的な海の生き物がいっぱいです。

「なんでもバスケット」では、まずルールを教えてもらいました。初めての遊びにワクワクドキドキ。真ん中の人から出たお題を聞いて、大急ぎで席を移ります。

子どもたちはルールを理解し、大いに盛り上がりました。

「新聞じゃんけん」・・・新聞を広げて立って、じゃんけんで負けたら新聞を半分に折っていきます。

どんどん小さくなっていく新聞紙。何とか両足で踏ん張ったり、片足で立ったり・・。とっても盛り上がりました。

 

振り返りでは、たくさんの子が手を挙げて感想を発表します。「じゃんけんが楽しかったよ」「お兄さんやお姉さんと会えてうれしかったよ」

「みんなで遊んで面白かった」・・・・お兄さんやお姉さんも感想を話してくれました。真剣に聞く子どもたち。楽しかったね。

「次は附属高校へ行くよ」「待っててね」・・・再会を約束して、お兄さん、お姉さんたちは帰って行きました。

附属高校のみなさん、先生、楽しい交流をありがとうございました。

関連記事