みんなで育て、みんなで育つ

3月19日火曜日。いよいよ今年度最後の日。修業式の日です。

今の学級で過ごす最後の日。修業式の時間までは保育室や園庭で元気に遊びました。

おにごっこ、縄跳び、ブロック、お店屋さん・・・。

たくさん遊んで片付けをし、おやつを食べたら、いよいよみんなで集まって修業式を行います。

いつもより少し広く感じる遊戯室。年長児が卒業したんだなと、改めて感じますね。

年中児は、「今日は自分たちが一番上の学年なんだ」という気持ちが表れたきりっとした姿で入場してきました。年少児も、落ち着いたしっかりとした姿で修業式に臨みます。

みんなで、附属幼稚園の歌を2番まで歌います。卒園式に向けて練習してきた赤組さん、黄組さんはやっぱり上手ですね。

園長先生から、4月から新入児たちが入ってくること、今度はみんなが感謝される人になってほしいことについて、お話がありました。

そのあと、副園長先生が「1年間で楽しかったことなんですか?」のインタビューをしました。手を挙げて、堂々と発表する子どもたち。運動会、学芸会、プールブロック遊び、トランプ、お店屋さん・・・。たくさんの楽しかったことを話しました。

今日は特別に、先生にもインタビューがありました。附属幼稚園のみんなと遊んだたくさんの思い出を話してくれました。子どもたちは、先生たちの話をうれしいそうに聞いていました。

修業式の後に、ひと足早く離任する先生とのお別れの式を行いました。

.「附属幼稚園のみんなから、いっぱいエネルギーをもらって嬉しかったよ。ずっと応援しているからね。」と話しました。「がんばってね。ありがとう。」とみんなで言って花束を贈りました。

さあ、いよいよ明日から春休みです。交通安全や感染症対策に気を付けて、4月も元気に幼稚園で遊びましょうね。

保護者のみなさま、一年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。(愛媛大学教育学部附属幼稚園教職員一同)

関連記事