みんなで育て、みんなで育つ

おまつりごっこ

10月19日(火)

今日は、地域の伝統行事である秋祭りをみんなで楽しもう!と、「おまつりごっこ」を行いました。

数日前から、年長さんの作ったかっこいいおみこしに刺激され、年中さん・年少さんも、自分たちのクラスのおみこし作りに取り掛かりました。

「わっしょい、わっしょい!」

子どもたちははっぴを身につけ、完成したおみこしをかついで、元気いっぱいテラスを練り歩きました。

そして今日は、なんと3名のスペシャルゲストさんが、本物のピカピカおみこしと一緒に遊戯室に来てくださいました。

3人は地域の方で、秋祭りのお世話をしてくださっている方々です。地域の方々から、お祭りのこと、おみこしのことなどをたくさんお話していただきました。子どもたちの質問にも、わかりやすくお答えいただきました。ありがとうございました。

 

今度はおみこしを担いで、附属小学校、附属中学校、附属特別支援学校へと練り歩きます。

「わっしょい!」「わっしょい!」

子どもたちは元気いっぱいおみこしを担いで進んでいきます。練り歩き中に出会ったいろいろな人から、「すごいね!」「かっこいい!!」など、嬉しい声をたくさん掛けていただきました。

そして、それぞれの場所で、園長先生、校長先生、副校長先生からお土産もいただきました。

地域の伝統行事に触れ、地域の方々や附属校園のみなさんの温かさに触れ、笑顔いっぱいのおまつりごっこになりました。

関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

関連記事