みんなで育て、みんなで育つ

あき誕生会

11月25日(金)。今日は、11月誕生児をお祝いする「あき誕生会」を行いました。

舞台には、年長児の飾り係が作った、色付いた葉っぱやキノコやお芋がきれいに飾り付けられ、誕生会を賑わしています。

担任から11月誕生児が紹介され、みんなで誕生児たちの名前を呼びました。呼ばれた誕生児たちは、おうちの人と一緒にステージに上がりました。

年長児は、自己紹介と将来の夢を発表しました。

お医者さん、キックボクシングの選手とステキな夢ですね。

 

年長児の司会係によるインタビューでは、「好きな食べ物」を尋ねられて全員が発表しました。

 

誕生児と司会係の一人二役の子もいました。今日は大活躍です。

誕生児たちの発表が終わったら、プレゼント渡しです。

年長児のプレゼント係たちは、事前に誕生児一人一人に好きなものをインタビューしました。そして、その人の好きなものをメダルに飾り付けて、プレゼントを作りました。

メダルのプレゼントに続いて、みんなから「おめでとうの歌」のプレゼントももらいました

誕生児たちは、ステキなプレゼントをもらえて嬉しそうでした。

次は、出し物です。

学芸会で年長児たちが作った劇「シンデレラと九ひきの子やぎ」の続編です。今日の劇のタイトルは、「シンデレラと2匹の子やぎ」です。

昔々、あるところに王子様と結婚したシンデレラが仲良く暮らしていました。「王子様と暮らせて毎日楽しいわ。」「僕たちも楽しいよ。」

それを見たオオカミたち。前回、王子たちに阻止されて子ヤギたちを捕まえられなかったことを怒っています。「王子めー!」

オオカミたちは、後ろから静かに近付き、王子を捕まえました。

「捕まっちゃったー」シンデレラは、王子が捕まり困っています。

そこに、狩人とお母さんヤギと2匹の子ヤギが通りかかりました。「シンデレラどうしたの?」「王子様がオオカミに捕まえられてしまったの」「それは、大変だ」

そんなやりとりをしている間に、後ろから静かにオオカミが近付いて来て、狩人を捕まえました。

狩人がオオカミに捕まり、シンデレラたちが途方に暮れていると、また、後ろから静かにオオカミが近付いてきました。そして、今度は2匹の子ヤギが捕まえられてしまいました。

シンデレラとお母さんヤギは、どうにか助け出そうと相談を始めました。

・・・作戦が決まったようです。カボチャで誘い出して、鍵を取るようです。

シンデレラたちは、オオカミの家の前に取ってきたカボチャを置き、家の裏に隠れました。

そこに、オオカミたちが出てきました。オオカミはカボチャが大好きです。すぐにむしゃむしゃ食べてしまいました。カボチャを食べて喉が渇いたオオカミたちは、川に出掛けていきました。その時、鍵を落としていきました。

シンデレラたちは落ちていた鍵を拾い、檻を開けて王子たちを助け出しました。

何も知らないオオカミ、家に戻るとみんなが逃げていてガックリ。肩を落とし悔しがっています。

そんなオオカミに、みんなが声を掛けます。「一緒に仲良くしようよ」「仲良くしてくれるの?」「みんなでダンスを踊ろう」

みんなでダンスを踊り、仲良く過ごしました。

~ めでたし ~

お家の人からは、「おおきなかぶ」の劇を見せていただきました。

おおきなかぶをおじいさんが引っ張って、おばあさんが引っ張って、それでもまだまだ抜けません。フロアの子どもたちも声を合わせて応援します。孫が引っ張って、犬、猫、ネズミが引っ張って、大きなかぶはやっと抜けました。

大きなかぶが抜けた瞬間、フロアからは拍手👏が!!

ステキな劇をありがとうございました。

最後に今日のおやつのお知らせがあり、楽しい誕生会は終わりました。

誕生会の後、秋の味覚お芋を使ったお菓子をみんなで美味しくいただきました。

関連記事