みんなで育て、みんなで育つ

ふぞくランド、オープン!!

附属幼稚園では、毎年2月に、年長児による「店ごっこ」を行っています。

2月上旬、年長児は、卒園を前に、「年少児や年中児、おうちの人を楽しませたい!」という気持ちをもって、店ごっこの内容を相談しました。

遊園地や映画館など、様々なアイデアが出た結果、いろいろな要素を盛り込んだ「ふぞくランド」を開くことに決まりました。

先週から年少児、年中児を誘って楽しんでもらっている「ふぞくランド」。27日(月)には、おうちの方々をご招待しました。

地図を配り、回ったお店でシールを貼ってもらいました。

遊戯室に入ると、楽しそうなアトラクションがいっぱい!

まずは、コーヒーカップ! 年少児や年中児が来てくれたときは、コーヒーカップに座ってもらって、係の子が一生懸命回します。

でも、大人が来てくれたときは…、カップを揺らして、子供自身が走りました!

おうちの方は「うわぁ!本当のコーヒーカップみたい!目が回る~。」と言って、喜んでくれました。

次は、ゴーカート。こちらは、大きなタイヤがついているので、子供も大人も乗ることができます。なんと!シートは牛乳パックを組み合わせて作りました!ナイスアイデアでしたね(^^)/

 

そして、ジェットコースターもありました!

お客さんが子供の場合は、係の子が乗り物を一生懸命押したり引っ張ったりしました。

お客さんが大人のときは、バーチャルの世界へご案内! 事前に子供が乗ったときの様子を動画で録っておき、その映像を見てもらいました。ゴーグルも作ったので、周りは真っ暗!本当に乗っているみたいな気分を味わうことができます。

遊戯室を出て、保育室の方へ行くと… レストランがありました!

焼き鳥やからあげ、ポテト、カレーライスなど、いろいろな料理があります。

「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」 活気のある声に元気をもらいました。

 

レストランでお腹がいっぱいになって、テラスを歩いていると、的あてを発見!

モンスターボールやどらやきフリスビーをもらって、挑戦できます。おうちの方々は、上手に的に当てていました。

 

映画館の方から「もうすぐ始まりまーす」というお声掛けがありました。

ドラ〇もんとポケ〇ンをオマージュした、オリジナルストーリーを考えた年長児。

演技力抜群で、おうちの方々を笑わせていました。

 

 

みんなに楽しんでもらった「ふぞくランド」。

企画して、試行錯誤して、準備して… と大忙しだった年長児自身も、活動を楽しみ、そして大きく成長しました。

卒園まで、あと10日あまり。友達とたくさん遊びましょうね♪

 

関連記事