みんなで育て、みんなで育つ

バレンタイン誕生会

2月15日木曜日、今日は2月の誕生児をお祝いする「バレンタイン誕生会」を行いました。

飾り係の子どもたちが作った壁面飾りのおかげで、たくさんの種類のチョコレートで彩られた、バレンタインにピッタリの背景になっています。💛💛

今月の誕生会は、年長児が年中児に教えながら一緒に準備しました。飾り係も年中・年長混合チームです。

担任から2月誕生児が紹介され、みんなで一人一人の名前を呼びます。呼ばれた誕生児は、おうちの人と一緒にステージに上がりました。

年長児の将来の夢は、「バレエの先生になりたい」です。ステキな夢ですね。

 

「好きな食べ物」のインタビューに、もも、いちご、ロールケーキと答えました。美味しそうな物ばかりですね。年中児の司会係は、初めてのインタビューをする立場になりました。とてもうれしそうでした。

 

誕生児の発表が終わったら、プレゼントをもらいます。バックの中には、かわいらしく折り紙で折られた動物や花等が入っています。年中・年長混合プレゼント係がプレゼント作りをがんばりました。

みんなから「おめでとうの歌」のプレゼントをもらって、フロアに元に戻りました。

楽しい時間は、まだまだ続きます。次は、年中・年長混合出し物係による「テレビごっこ」です。まずは、お笑いです。「ダンソン」「何でだろう」「エンドレスしりとり歌」を披露しました。

 

十数年前のネタから最新のネタまで取りそろったお笑いに、フロアからも笑いがあふれます。続いて、アイドルショーです。

 

YOASOBIの「アイドル」に合わせて、ダンスを踊ります。フロアにいる子どもたちは、手拍子👏👏👏や歌で応援していました。

おうちの人からは、ペープサートの劇「てぶくろ」を見せていただきました。落ちていた手袋に、動物たちが入っていくお話です。フロアでは、動物が登場してくる毎に「入れるのかな?」「破けないかな」「もう、入れないよ~」と、お話の世界に入り込む様子が見られました。

 

お話の最後には、誕生児の二人も登場人物になり、それぞれのペープサートが動物たちでぎゅうぎゅうの手袋の中に一緒に入っていました。

出し物係さん、おうちの方、今月もステキな出し物をありがとうございました。

最後のお知らせはおやつのお知らせです。年長児がリードして、年中・年長混合司会係の全員で声を合わせてお知らせ(おやつは「ポッキー」です。)をしました。

そして、終わりのあいさつも、もちろん司会係の仕事です。しっかりあいさつをして、楽しい誕生会をしめくくりました。

「もうすぐ年長さん」を少しずつ意識し始める年中児たち。年長児と一緒に2月誕生会の準備に取り組み、それぞれの活動を楽しみました。3月の誕生会は、年中児だけで準備や進行に挑戦する予定です。幼稚園のみんなが楽しむ誕生会ができそうです。

年長児たちは、年中児と一緒に活動する中で、相手に分かるように丁寧に教える姿が光っていました。また、いつもと違う友達(年中児)とのかかわりを自然体で楽しむ様子も見られました。卒園まで1か月となりました。一人一人の持ち味を発揮し、たっぷり楽しんで園生活を充実させてほしいと願います。

関連記事