みんなで育て、みんなで育つ

子育てミニ講座⑧

2月20日(火)に第8回子育てミニ講座を実施しました。今年度最終回となる今回は、「幼い子どもの創造性とイノベーション能力を育む」と題して愛媛大学教育学部教授の隅田 学先生を講師にお迎えしました。

「もし〇〇だったら?」→想像力・デザイン力

「一緒にもう少しやってみよう」→挑戦力・開拓力

「どうやったらできたの?」→自己調整力・波及力

大人の言葉掛けによって、子どもたちの力を伸ばすことにつながるというお話もしていただきました。

【感想】一部抜粋

〇子どもは言葉掛け次第で活動がいくつにも広がっていくことを再認識しました。親のできることは小さなことの積み重ねですね。一つ一つ積み重ねて自らの道を拓くステキな人になってほしいです。幼稚園児の時期を楽しみたいです!!

〇日常の生活の中に学びを深めるきっかけ・ヒントがあふれていると気付かされました。

〇子どもに対して口では「間違えても大丈夫!」「失敗してもいいんだよ!」と言っていますが、何とか先回りして口や手を出してしまいたくなります。子どものひらめきを大切にして失敗したり成功したりしながら親子で学ぶ時間をゆっくり取りたいと思います。

〇最初から最後まで聞いていて楽しかったです。あっという間の時間でした。散歩のときなど視点を変えて声掛けも変えていつもと違った「散歩」をしてみたいと思います。ヘリコプター(紙)も早速今日やってみます。

〇キッズアカデミアに参加されたお子さんたちの創意工夫に驚きました。一つのことを探究するには、様々な声掛けの仕方があるのだと気付くことができました。想像力、挑戦力、自己調整力、これからの時代にとても大切なスキルだと思います。

 

関連記事