みんなで育て、みんなで育つ

虹色パパへ、ありがとうございました♪

11月16日 日曜日。秋晴れのもと、朝早くから、ペンキや機械などを持ってパパたちが集まってくださいました。

東園庭にあるレインボーハウスは、数年前の附属幼稚園のパパ(マイスタークラブ)が子どものためにと作ってくださったものです。

 

今日は、みんなが楽しんで遊んでいるレインボーハウスが、これからも長く引き継がれるようにと、今年のパパたち(虹色パパの会)が集まって、きれいにする作業の日です。都合のつくパパたちが、続々と集まってくださいました。

 

みんなが遊ぶ家は西園庭にもあります。

レインボーハウスだけではなく、わいわいハウスもきれいにしてくださるそうです。

みんなのために、パパたちの作業、開始です。

 

ごみを丁寧に落とし、触ってはいけないところをマスキングテープなどで隠したあと、サンドペーパーで木を磨きます。

木の肌がスベスベになったら、木が傷まないようにするものが含まれたペンキを塗ります。

壁や窓の所だけでなく、高い屋根の上や足下の床などお家を全部きれいにします。

 

パパたちは、複雑な形をしているところも丁寧に作業しています。

 

サンドペーパーで磨くには、力が必要です。

機械を使ってきれいに仕上げるには、技術が必要です。

長く続けるには、集中力、体力も必要です。

 

時には一緒に作業しているパパたち同士で話し合い・・・。

 

みんなが遊ぶ家だけでなく、ベンチや平均台、砂場の枠もきれいにしてくださいました。

 

力を合わせ、分担し合って和気あいあいと作業を進めてくださいます。

さすがパパ!

とってもきれいなわくわくハウスとレインボーハウスになりました。

 

 

子どもたちは、わくわくハウスや砂場の枠、平均台などが新しくなってびっくり。

素敵なお家になったので、お料理して、お友達を招くのも楽しいですね。

虹色パパのみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事