みんなで育て、みんなで育つ

参画週間(前半)

5月30日~6月3日に、おうちの方に「お母さん先生」や「お父さん先生」として一緒に遊んでもらう参画週間を実施しました。

どの保護者の方も楽しいことをたくさん考えてきてくれました。前半と後半に分けて紹介していきます。

5月30日(火)

年長では、野菜スタンプをして苦手な野菜がある子も野菜に親しみを持ったようです。クイズラリーの中で、折り紙をして遊ぶ姿も見られました。

年中では、お母さん先生と一緒にしっぽ取りをしてたくさん走りました。ジェスチャーゲームでは、みんなで一緒に「ハイ、ポーズ。」お風呂に入るポーズです。

年少児は、お母さん先生たちと一緒に好きな遊びを楽しみました。粘土で作ったお菓子を見てもらったり、アクセサリー作りを手伝ってもらったりしました。

5月31日(水) 

2日目も楽しい遊びがたくさんありました。

 

青組は輪投げをしました。自分たちでやってみた後、楽しいことを年下の友達にも教えてあげたいと考え、年少児を呼んで一緒に遊びました。

緑組では、ミニ運動会をしました。玉入れでは、誰が一番たくさん玉を入れられるか競争しました。

 

黄組では、新聞紙を使ったボールプールで遊びました。ボールの中に埋もれてみたり、投げて遊んだりしました。

赤組では、転がしドッジや紙飛行機で遊びました。大きなボールを投げる時はみんなで力を合わせました。

年少児では、お母さん先生と一緒にスケーターでレースをしたり、ソフトブロックで電車を作って電車ごっこをしたりしました。

お母さん先生やお父さん先生と一緒に遊べてとても楽しい日になりましたね。(後半に続く)

関連記事