みんなで育て、みんなで育つ

年度末PTA役員会~お世話になりました~

3月5日(金)

3月がスタートしてはや5日目を迎えました。

年長児は卒園を前にこれまでの園生活を振り返り、年中児は卒園する年長児に思いをはせ、思いを実現するべく、各学年で気持ちを一つにして、それぞれが内緒の準備を進めています。

3月は、一年間をしみじみと振り返り、互いに思いを伝え合う時なのだと改めて感じます。

PTA組織でも、本日、年度末のPTA役員会を行いました。

休園からスタートした4月。分散登園を経て通常登園が5月に始まり約一年。

子どもの健康を守るべく感染症拡大防止に努めつつ、子どもたちにとっていかに楽しく充実した園生活になるか、知恵とアイディアを結集し、各部一丸となって活動を進めてくださったこと、心から感謝いたします。

おかげで、子どもたちは楽しく充実した時間を過ごすことができました。

本園の合い言葉「みんなで育てみんなで育つ」のもと、新しい方法にも果敢に挑戦してくださったこと、その精神は次年度にも引き継がれていくことと実感しました。

一年間、本当にありがとうございました。

本日の降園では、新しく附属幼稚園で時を刻む、大型時計(令和2年度の卒園記念品)を見上げる子どもたちや保護者のみなさんの姿が見られました。

今、この時を、一緒に過ごせる仲間とともに大切に過ごしていきたい!と、改めて感じた一日でした。

 

関連記事