みんなで育て、みんなで育つ

12月23日(水)

今日は、令和2年度第2学期の締めくくりの日です。9月のまだまだ暑い夏から始まった2学期。あっという間に秋が来て、冬が来て、とうとう今日は2学期最後の一日となりました。

子どもたちは、朝日がキラキラ輝く中、おうちの人と張り切って登園してきました。

終業式までの間、「今日はこれをして遊ぼう!」と早速自分の遊びに没頭していきます。

園庭でお料理の準備をする子。本物の葉っぱを前に、お料理の腕がなります。

 

寸暇を惜しんで砂場で遊んでいる子もいます。水を使って遊んでいる子も発見。樋に水を流しては、流れてきた水が跳ね上がる様子を、「水の花火だ!」と表現し、歓声を上げて何度も試す姿も見られました。

東園庭です。しっかり体を動かして、いつの間にか体がほっかほか!年長さんに年少さんも仲間入りして一緒に過ごす姿も見られました。

保育室でも、参画で体験した指編みにいそしむ子、お手紙を書いている子・・・。子どもたちの主体的な遊びの姿は各所で見られます。

園庭の溝のところで、網をはずして溝掃除をしている子を発見!冬休みを前に、年長さんたちが、幼稚園をさらにきれいにしようと、掃除をしています。そんな姿に触発されて、年中さんも仲間入り。

ありがとう!気持ちよく新年が迎えられますね。

関連記事