みんなで育て、みんなで育つ

幼児安全法講習会

7月16日(木)

今日は、日本赤十字社愛媛県支部より、講師の先生をお招きして、「乳幼児の病気の看病について」と題して保護者を対象に講習会が開かれました。

乳幼児期に起こりがちな発熱や腹痛などの対処の仕方や気を付けることなど、専門家の立場から具体的に分かりやすくお話してくださいました。

コロナウィルス感染症についてもふれられ、私たちにできることや体と心を守るために大切なことについて、考えることができました。

質問コーナーでは、一人一人の質問に丁寧に答えていただきました。

かけがえのない子どもたちの健康を、みんなで守っていきたい、参加者みんながそんな気持ちになる講習会でした。

ありがとうございました。

 

関連記事